美白になりたいならタバコはNG!コラーゲンとタバコの密接な関係

MENU

美白になりたいならタバコはNG!コラーゲンとタバコの密接な関係

肌荒れの一番の原因と言われているのが、タバコですが、タバコが肌に悪い原因はコラーゲンの繊維を壊すことに起因します。

 

今回は、なぜそんなにタバコが肌に悪いのか、コラーゲンの生成のメカニズムから、煙草の害に関して紹介いたします。
この文章を読んでタバコを辞めるきっかけになれば幸いです。コラーゲンの生成にタバコは直接作用して有害な働き作用します。タバコには様々な成分が入っていますが、コラーゲン生成に関わる中で一番有害なのは一酸化炭素です

 

一酸化炭素はコラーゲン生成に関わる、ビタミンCの働きを阻害します。
ビタミンCはコラーゲン生成のリポソームに対して作用して、体内で吸収されたアミノ酸を線維芽細胞に働きかけて多く作るように指令を出します。しかし、一酸化炭素が入ってしまうと、ビタミンCを壊してしまうので、コラーゲン生成が悪化します。加えて、1つの一酸化炭素は複数のビタミンCを壊してしまいます。

 

次に、タバコに含まれている活性酸素です。活性酸素は、体内に存在してるコラーゲンのアミノ酸結合を壊してしまう作用があります。コラーゲンはアミノ酸の複合体ですので、1つの結合が壊れてしまうと、コラーゲンの構造が変わってしまうので、皮膚自体の破壊現象が起こってしまいます。

 

コラーゲンは皮膚の線維芽細胞の土台でもあるので、コラーゲン繊維が破壊されると皮膚の土台自体も壊れてしまうことになってしまうのです。その結果、コラーゲンは皮膚を支えてるため、支えが弱くなってしまった箇所に、シワという症状ができやすくなります。また、タールも非常に有害で、タバコの摂取によって体内入ったタールは、肺に100%溜まることは無いのです。

 

肺を通過したタールは、顔の毛細血管に入り、皮膚組織に蓄積するようになります。その結果、色素沈着といった現象が起こりやすくなるのです。色素沈着とは、シミや目の下のクマの様な症状を引き起こします。

 

実際の統計による研究によると、双子はタバコを吸わないほうが吸う人よりも皮膚の状態や、白内障のリスク、傷跡の治り具合といった面で大きな差がみられました。吸わない人のほうがコラーゲン組織を破壊しないので、こうした健康による差に結果がみられるのは当然かもしれませんが、中でも最近の研究で興味深いのは、不眠です
実は、タバコを吸うことによって不眠症になるリスクが高くなることが判明したました。コラーゲン生成には、深い質の良い睡眠が必要ですから、こうした部分でもコラーゲン生成を阻害しているのです。

関連ページ

美白に大切なコラーゲンはどこで作られるの?骨・皮膚で作られる!
コラーゲンと言っても、コラーゲンがどこで作られるか知っている人は少ないようです。 あなたがコラーゲンについて詳しく知りたければ、この記事は非常に参考になります。
コラーゲンと相性の悪いビタミンもある!効率的にコラーゲンを摂取しよう
コラーゲンの相性の良い食事に関しては、知ってるという知識の多い方も多いのですが、実はコラーゲンには相性の悪いビタミンがあります。
肌にシミやシワが出来やすくなる原因はコラーゲン糖化の衰えだった!
コラーゲンが衰えると、肌にシミやシワができやすくなり女性にとっては非常に悩ましいのですが、実はコラーゲンの老化には、糖化という現象が大きく関わっているのです。