美白に大切なコラーゲンはどこで作られるの?骨・皮膚で作られる!

MENU

美白に大切なコラーゲンはどこで作られるの?骨・皮膚で作られる!

コラーゲンと言っても、コラーゲンがどこで作られるか知っている人は少ないようです。
あなたがコラーゲンについて詳しく知りたければ、この記事は非常に参考になります。

 

どの部分でコラーゲンがつくられているか知っていれば、自然と効果が上がる箇所が判り、なおかつ効率よい栄養吸収の方法が理解できるようになります。
今回は、そのコラーゲンの合成の原理に関して紹介いたします。
その前に、コラーゲンがどのような形状でどの場所に多く存在しているかというと、コラーゲンは水に溶けない繊維の状態で、布のような形状で存在しています。

 

主な役割は体内の細胞の接着や保護といった役割を持ち、存在している箇所を書いていくと、皮膚、腱、軟骨といったおなじみの箇所から、血管、骨、肝臓といったなかなか知られていない箇所にも多く存在しています。

 

コラーゲンは基本体全体の存在しており、細胞の内浮遊していない細胞(血液中の赤血球、白血球等以外)はコラーゲンの足場にして細胞が層となって重なっているのです。

 

さて、このコラーゲンですが主に、細胞の中で線維芽細胞、骨芽細胞、軟骨芽細胞、象牙芽細胞という種類の細胞内で合成されています。
線維芽細胞は皮膚の繊維を作る細胞、骨芽細胞は骨を作る細胞、軟骨芽細胞は軟骨を作る細胞、象牙芽細胞は歯を作る細胞になります。
細胞に存在する、DNAの情報からリボソームというタンパク質を合成する部位で目的のタンパク質がつくられます。

 

そのタンパク質が何万もつながった糸を最初に作り出します。
その創りだした、糸3本が絡まることによって立体構造を創りだすのです。その立体構造を元に絡まったものがコラーゲンになります。

 

このコラーゲンを合成する際に、酸素、鉄イオン、ビタミンCといった栄養素が必要になるのです。この作られたコラーゲンですが、非常に安定性の高いタンパク質で、つくられてから体内にいる期間が非常に長いタンパク質なのです。

 

その期間は、皮膚で15年、軟骨で117年程体内に残っているという研究結果が出ています。
コラーゲンの合成量は、体内の部位の損傷やがん細胞の発現、また、新生児の誕生の時には盛んに合成されます。
しかしその合成を盛んにする薬学的な原理は解明されていないのです。

 

最近の研究では、コラーゲンを分解する酵素群が多くいますが、ストレス因子によってその増減があることが判明してきました。
また、生成分解には、体内に存在するホルモンの影響をうけるといった研究結果も出ています。
コラーゲンの合成にはストレス、栄養素が多く関わり、骨を皮膚を中心とした部位で盛んに作られているのです。
コラーゲンと言っても、コラーゲンがどこで作られるか知っている人は少ないようです。
あなたがコラーゲンについて詳しく知りたければ、この記事は非常に参考になります。

 

どの部分でコラーゲンがつくられているか知っていれば、自然と効果が上がる箇所が判り、なおかつ効率よい栄養吸収の方法が理解できるようになります。
今回は、そのコラーゲンの合成の原理に関して紹介いたします。
その前に、コラーゲンがどのような形状でどの場所に多く存在しているかというと、コラーゲンは水に溶けない繊維の状態で、布のような形状で存在しています。

 

主な役割は体内の細胞の接着や保護といった役割を持ち、存在している箇所を書いていくと、皮膚、腱、軟骨といったおなじみの箇所から、血管、骨、肝臓といったなかなか知られていない箇所にも多く存在しています。

 

コラーゲンは基本体全体の存在しており、細胞の内浮遊していない細胞(血液中の赤血球、白血球等以外)はコラーゲンの足場にして細胞が層となって重なっているのです。

 

さて、このコラーゲンですが主に、細胞の中で線維芽細胞、骨芽細胞、軟骨芽細胞、象牙芽細胞という種類の細胞内で合成されています。
線維芽細胞は皮膚の繊維を作る細胞、骨芽細胞は骨を作る細胞、軟骨芽細胞は軟骨を作る細胞、象牙芽細胞は歯を作る細胞になります。
細胞に存在する、DNAの情報からリボソームというタンパク質を合成する部位で目的のタンパク質がつくられます。

 

そのタンパク質が何万もつながった糸を最初に作り出します。
その創りだした、糸3本が絡まることによって立体構造を創りだすのです。その立体構造を元に絡まったものがコラーゲンになります。

 

このコラーゲンを合成する際に、酸素、鉄イオン、ビタミンCといった栄養素が必要になるのです。この作られたコラーゲンですが、非常に安定性の高いタンパク質で、つくられてから体内にいる期間が非常に長いタンパク質なのです。

 

その期間は、皮膚で15年、軟骨で117年程体内に残っているという研究結果が出ています。
コラーゲンの合成量は、体内の部位の損傷やがん細胞の発現、また、新生児の誕生の時には盛んに合成されます。
しかしその合成を盛んにする薬学的な原理は解明されていないのです。

 

最近の研究では、コラーゲンを分解する酵素群が多くいますが、ストレス因子によってその増減があることが判明してきました。
また、生成分解には、体内に存在するホルモンの影響をうけるといった研究結果も出ています。
コラーゲンの合成にはストレス、栄養素が多く関わり、骨を皮膚を中心とした部位で盛んに作られているのです。

関連ページ

美白になりたいならタバコはNG!コラーゲンとタバコの密接な関係
肌荒れの一番の原因と言われているのが、タバコですが、タバコが肌に悪い原因はコラーゲンの繊維を壊すことに起因します。今回は、なぜそんなにタバコが肌に悪いのか、
コラーゲンと相性の悪いビタミンもある!効率的にコラーゲンを摂取しよう
コラーゲンの相性の良い食事に関しては、知ってるという知識の多い方も多いのですが、実はコラーゲンには相性の悪いビタミンがあります。
肌にシミやシワが出来やすくなる原因はコラーゲン糖化の衰えだった!
コラーゲンが衰えると、肌にシミやシワができやすくなり女性にとっては非常に悩ましいのですが、実はコラーゲンの老化には、糖化という現象が大きく関わっているのです。